生腹には素手は危険

生腹には素手は危険


生腹には素手は危険

安全で効果的な腹パンチのために,生腹に生拳は注意が必要なのです。
特に立ち位置で、素手の場合、指骨が直接各臓器を捉える場合があるので要注意です。
服の上から生拳かもしくは生腹にはグローブが安全だという事が分かります。

BodyZoneへ行ってみる
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

BodyZone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です